稲盛和夫の京セラフィロソフィ     完全主義を貫く/ Perfectionism

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、営業にしろ製造にしろ、最後の1%の努力を怠ったがために、受注を失ったり不良を出したりすることがあります。自分自身の努力をさらに実りあるものとするためにも、仕事では常にパーフェクトを求めなければなりません、と述べておられる。

稲盛さんの仰ることは、まさにその通りだと思う。例えば、私がウェブサイトの制作をしているとき、コードを1箇所間違えただけでそのサイトは全く表示されないことがある。以前、私が金融機関で働いていたときには、ボタンを1つ押し間違えただけで何百万円の損を出してしまったことがあった。医療の現場では1つのミスが命に関わることもあるので、やはりパーフェクトは何物にも代えがたいのである。

稲盛さんは、本書でベストとパーフェクトの違いを例に出しておられるが、先程の私の失敗談にもある通り、ベストを尽くしていたとしても、パーフェクトでなければ失敗してしまうということがよくある。常にパーフェクトを目指すというのはハードルが高いように聞こえるかもしれないが、日々、最大限の努力を継続していけば誰でも達成可能と私は思う。ミスをなくせばパーフェクトを達成できると考え、どうやったらミスをなくすことが出来るか日々、熟考し実践していく以上の良い方法を私は知らない。同じミスをしないよう心がけることが上達の方法である。

Vol.56 Perfectionism

 According to Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL), some people may lose orders or end up with defects if they don’t make the last 1% of their efforts, whether for sales or manufacturing. We must always seek perfection in our work in order to make our efforts more fruitful.

I think that Mr. Inamori is exactly right. For example, when I’m working on a website, I sometimes make a mistake in the code and the site doesn’t appear at all. Previously, when I was working at a financial institution, I made a loss of millions of yen just by pressing the wrong button. In the medical field, one mistake can be fatal, so perfect is irreplaceable.

Mr. Inamori refers to the difference between best and perfect in this book as an example, but as I said in my failure story, even if you do your best, you may fail unless it is perfect. It may sound like a high target to always aim for perfection, but I think it can be achievable by anyone with their utmost effort every day. Why don’t we think that if we can eliminate mistakes, we can achieve perfection? I don’t know any better way than this. The bottom line is how to eliminate mistakes. The best way to improve is learning from your mistakes and not making the same mistakes.

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。