稲盛和夫の京セラフィロソフィ     独創性を重んじる

Vol.44 独創性を重んじる

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、京セラでの新製品開発を例に、何としてもやりとげなければという強い使命感をもち、毎日毎日創意工夫を重ねていく、その一歩一歩の積み重ねが、やがてすばらしい創造へとつながっていくのです、と述べておられる。

 スタートアップや中小、中堅企業にとって苦労するのは、新規顧客の開拓だろう。ライバル企業は既に多数の顧客を抱えていて、その市場で戦っていくためには、自社製品の差別化が非常に大切になる。他社より優れた技術があれば可能となるが、そんな高度な技術は持ち合わせておらず、必要なら今後自社で生み出さねばならないという企業がほとんどであろう。差別化には、様々な方法が考えられるが、独創性の背景には、まずは顧客のニーズに応えようとする企業側の努力が求められる。

 独創性というと、人は発想力や企画力を連想してしまいがちだが、より大切なのは使命感であり、努力であるのだ。もちろん、従業員に努力を求めるなら、経営陣はそれ以上に努力をしなければならないのは言うまでもない。もちろん、結果を出した部署や人間には、何らかの方法で報いる制度があれば、企業として新製品開発が軌道に乗りやすいだろう。どの企業にとっても、長くビジネスを続けていくには、まずは他社との競争に勝ち残らなければならい。そのため、その競争力のベースとなる技術力向上、新製品開発には、全社一丸となって取り組む必要がある。

Vol.44 Originality

  Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) uses new product development at Kyocera as an example, and says that it is important to innovate every day with a strong sense of mission. The accumulation of each step will eventually lead to a wonderful creation.

  One of the biggest challenges for startups, small and medium-sized companies, is finding new customers. Rival companies already have a large number of customers, and in order to compete in that market, differentiating their products is very important. It will be possible if there is better technology than other companies, but most companies do not have such advanced technology and will have to create it in-house if necessary. There are various possible ways to differentiate, but the originality requires the efforts of companies to meet the needs of customers.

  When it comes to originality, people tend to associate it with their creativity and planning abilities, but what is more important is their sense of mission and effort. Of course, if you ask your employees to work hard, it goes without saying that management must work harder. Of course, if there is a system that rewards the departments and people who have achieved something in some way, it will be easier for companies to get on track for new product development. In order for any company to continue doing business for a long time, it must first survive the competition with other companies. Therefore, it is necessary for the whole company to work together to improve the technological capabilities that are the basis of its competitiveness, and develop new products.

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。