Vol.21 日々採算をつくる/ Making a profit every day

Japanese followed by English.

Vol.21 日々採算をつくる

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者でJALの名誉会長)は、経営というものは、月末に出てくる採算表を見て行うのではありません。毎日の数字を見ないで経営を行うのは、計器を見ないで飛行機を操縦することと同じです、と日々の採算を意識した経営をするよう説いておられる。

これは非常に重要な教えではあるが、私を含めて出来ている経営者はそれほど多くはないと思う。実際、月次の決算書作成を会計士に依頼している場合、出来上がりがずいぶんと遅くなる場合が多い。社内で決算書作成が完結できるとしても、各部署の締めの都合で、簡単にいかないことが多いだろう。小さなビジネスであっても日次決算をするのに、大変な努力を強いられることは間違いない。そうはいっても、京セラのように日次決算を意識した経営ができている大企業があるので、中小企業の経営者であれば、月次決算書の出来上がるタイミングについては、まずは京セラと同じ程度のスピードを目指したい。大企業になってから、経理の方針を変えようとすると大変なので、企業がまだ小さいうちから、対応を済ませておくのがスマートなやり方だろう。言い方を変えれば、経理面において充実した社内管理体制が整っている中小企業には、大企業に成長する素地が既にあると考えてもいいのではないだろうか。

一方、月次から日次決算への変更となると、難易度が非常に高いと感じる経営者も多いと思うので、まずは週次決算への対応を進めてみるのがより現実的だと思う。私自身も月次から日次決算への変更については、様々な方法を考えてみたものの、どれも一長一短があり、結局、導入には至らなかった。もし、先に週次決算の導入を目指していたとすれば、それは実現可能であっただろうと振り返ってみて思う。もし週次決算が実現できていれば、そこから日次決算への移行は、もしかすると、何とかなったかもしれないと反省している。私が学んだ教訓は、大きな目標にチャレンジする際は、一足飛びに狙うのではなく、何段階かのステップを踏むことが重要であるということだ。

ご感想、ご質問、リクエストなどはこのメールへの返信でお願いします。このメルマガが気に入ったという方は、お知り合いに転送して頂ければ嬉しいです。バックナンバーにつきましては、よかったら、NICKのBLOGをご参照下さい。よろしくお願いします!ニック大野

Vol.21 Making a profit every day

Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI as well as Honorary Chairman of JAL) is saying that management by looking at the monthly balance sheet is not called the real management. It is said that running a business without looking at the numbers every day is the same as operating an airplane without looking at the instruments, saying that you should run a business with a daily profit in mind.

This is a very important teaching, but I don’t think there are many business owners including myself actually do as what Mr. Inamori describes. In fact, if you ask an accountant to make a monthly financial statement, it often takes a long time. Even if the financial statements can be made in-house, it may not be easy to make it quickly depending on the cooperation of each department. There is no doubt that even a small business will have to make a great effort to make daily accounts. Even so, since there are large companies like Kyocera that are able to manage with daily accounting in mind, if you are a small and medium-sized business owner, the timing of the completion of the monthly financial statements should be similar to Kyocera. Since it is difficult to change the accounting policy after becoming a large company, it would be a smart way to deal with it while the company is still small. In other words, small and medium-sized enterprises with a well-established in-house management system in terms of accounting already have the foundation for growing into a large enterprise.

On the other hand, I think that many managers feel extremely difficult when changing from monthly to daily financial statements, so I think it is more realistic to work on weekly financial statements first. I myself thought about various methods for changing from monthly to daily settlement, but each one had good and bad points so that I wasn’t able to choose one. If I had thought about weekly financial statements more seriously, it would have been possible to make it. The lesson I’ve learned is that when you’re trying to reach a big goal, it’s important to take several steps, not one step at a time.

  If you have any feedbacks, questions, or requests, please reply to this email. If you like this newsletter, I would appreciate it if you could forward it to your acquaintances. For back numbers, please refer to NICKのBLOG. Thank you! Nick Ono

 

 

 

 

 

 

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。