稲盛和夫の京セラフィロソフィ「宇宙の意志と調和する心」

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、人生の目的とは、心の純化、浄化に努め、心を立派にしていくこと、と述べておられる。

 

 稲盛氏は多くの著書で繰り返し心の大切さを説いておられる。氏の言葉通り、経営を伸ばそうと思えば心を高めることが非常に重要であると、私もこれまでの経験から確信している。「会社というのはトップの器以上にはならない」と言われるように、トップの人格も大きく業績に反映されるのである。即ち、小手先の経営テクニックを学ぶよりも、自分の人格を磨いていく方が、長期的な視点からははるかに有益であるのだ。これは深い教えであり、日本的、もしくは、懐疑的に感じる方もいらっしゃるかもしれないが、私の8年間の米国での経営経験からも日本以外の国でも通じる普遍的な教えであると考えている。

 私は2011年、それまで15年間勤めた日系の大手証券会社を急に離れることになった。当時、私はサンフランシスコオフィスで勤務していたが、リーマンショック後のリストラに遭ったのだ。サンフランシスコがとても気に入っていた私は、この街にもっと長く住みたいと考え、この場所で脱サラ起業することにした。アイデアを練ったところ、日本人としての自分の強みを生かせる寿司屋というビジネスに思い切って挑戦してみることにした。私は飲食業については、全くのど素人であったので、なんとか開業にはこぎつけたものの、最初から苦労の連続であった。それに加えて、売上が増えるに伴い、また新たな困難にぶつかるという始末であった。

 

 そこで、起業から5年ほど経った頃、友人の紹介で、稲盛和夫氏が主宰する経営者向けの勉強会である盛和塾のシリコンバレー支部に入塾し、そこで経営について初めて学び始めた。その際に紹介されたのが本書であり、それ以来、この本を私の座右の書として、経営、人生の指針としている。本書にある約80項目に及ぶ稲盛和夫氏の教えを自らの経験と照らし合わせ、これからひとつずつ紐解いていきたい。ビジネスにご関心のある読者のご参考に、少しでもなれば私にとって望外の喜びである。

 

Vol.47 Harmonizing with the will of the universe

 

 Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) states that the purpose of life is to strive to purify our mind and make the mind good.

 

 Mr. Inamori has repeatedly stressed the importance of the mind in many of his books. I am convinced from my own experience that it is very important to make your mind good if you would like to grow your business. As they say, “A company can never be bigger than its top management’s capability”. In fact, the personality of the top management is largely reflected in the company’s performance. In other words, it is far more beneficial from a long-term perspective to polish one’s own personality than to learn petty management techniques. This is a profound lesson, and some people may be skeptical about it, but based on my eight years of experience in the United States, I believe it is a universal lesson that can be applied to countries other than Japan and the US.

 

 In 2011, I suddenly had to leave the large Japanese brokerage firm where I had worked for 15 years. At the time, I was working in the San Francisco office, but the firm was restructuring the employees after the Lehman Brothers collapse. I liked San Francisco so much that I decided to start a business here because I wanted to live here longer. After developing my idea, I decided to open a sushi restaurant in San Francisco in hope the business would allow me to use my strengths as a Japanese. I was a complete novice when it came to the restaurant business, and although I managed to open a restaurant, I had a constant struggle from the start. On top of that, as the business grew, I ran into new difficulties.

 

 About five years after I started my business, a friend of mine introduced me to Seiwajyuku in Silicon Valley, a study group for business owners run by Mr. Kazuo Inamori. It was there that I first began to learn about management. I was introduced to this book at that time, and since then, this book has been my guiding principle in management and in life. I would like to examine about 80 teachings of Kazuo Inamori in this book by comparing them to my own experiences. It would be my great pleasure if this book could be of some help to readers who are interested in business.

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。