稲盛和夫の京セラフィロソフィ 「地味な努力を積み重ねる/ Accumulate sober efforts」

地味な努力を積み重ねる

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、大きな夢や願望をもつことは大切なことです。しかし、ときには「自分の夢と現実の間には大きな隔たりがある」と感じて思い悩むことがあるかもしれません。偉大なことは最初からできるのではなく、地味な努力の一歩一歩の積み重ねがあってはじめてできるということを忘れてはなりません、と述べておられる。

 何か新しいことを始めるときには、誰でもこういった思いを持つことだろう。私は、成功をつかめるかどうかは地味な努力をどれだけ積み重ねることが出来るかにかかっていると考えている。努力の大切さは誰でも理解しているはずだが、一番大切なのは、成功するまでその努力を続けることだ。

 その次に重要なのが、努力の対象が間違っていないかどうかだ。一生懸命努力してもニーズのほとんどない対象には需要は生まれにくく、成功にはつながらないだろう。ニーズがあるとしても需要と比べて供給が多すぎる場合には、よほどの差別化戦略を取らないと、苦労の割には、なかなか報われないかもしれない。努力の前に、ニーズや競合状況をしっかりと確認する方が望ましい。

 3点目は、効率の良い努力をすることだ。がむしゃらな努力をする人がいる。努力をしている点では素晴らしいのだが、1日24時間というルールの中で戦うには、いかに効率よく努力をするかが大切と考える。人生は1回きりで、しかもあっという間に過ぎていくものだ。無駄を最大限省いて、情報収集や創意工夫で効率の良い努力の仕方を追求していくことは非常に大切と考える。

Accumulate sober efforts

 According to Mr. Kazuo Inamori (founder of Kyocera and KDDI, honorary chairman of JAL), It is important fo have big dreams and aspirations. However, sometimes you may feel that there is a big gap between your dreams and reality. You need to remember that great things cannot be done in one day, but it’s possible to be done only with the step-by-step accumulation of sober efforts.

 Everyone will have this feeling when they start something new. I believe that success depends on how much effort you can make. Everyone understands the importance of effort, but the most important thing is to keep making effort until you succeed.

 The next important thing is whether the direction of your effort is right. Even if you work hard, it will be difficult to create demand for the targets that have little need, and it will not help you lead to success. Even if there is a need, if the supply is too large compared to the demand, it may not be rewarded for the hard work without a very differentiating strategy. Before making an effort, it is desirable to confirm the needs and competitive situation.

 The third is to make an efficient effort. There are people who make a crazy effort. It’s great to make an effort, but I think it’s important to make an effort efficiently in order to fight under the rule of 24 hours a day. Life is a one-time event, and it goes by in a blink of an eye. I think it is very important to pursue efficient efforts by collecting information and ingenuity while eliminating waste as much as possible.

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。