稲盛和夫の京セラフィロソフィ 「自ら燃える/ Be on fire!」

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)の言葉だが、何かを成し遂げようとする人は、自ら燃える情熱をもたなければならない。自ら燃えるためには、自分のしていることを好きになると同時に、明確な目標をもつことが必要だ。

 これはリーダーとして必要な重要な資質の一つだ。人を採用するときも、こういった資質を持つ人材を選べば、短期間で大きな戦力に育つ。何事にも積極的で共感しやすい性格の人はポジティブな影響を周囲に伝えられるからだ。チームワークが良くなることは間違いない。リーダーとしてチームを引っ張っていくためにまず必要なのは、自分の仕事を好きになることだ。自分の仕事が好きであるからこそ、どんな困難にも打ち勝つことが出来るのだ。

 次に、それぞれのリーダーに責任感と使命感を持たせることだ。各リーダーが目標を持ち、その達成に向けて全力を尽くす過程で責任感と使命感が身についてくる。自分一人で出来ることは限られているとわかり、チームメンバーの必要性と彼らのサポートに感謝の気持ちも湧く。目標を立てる際は、ビジネスの場合であれば、トップマネジメントと各リーダーの方向性を一致させることが重要だ。目標の数字は小さいより大きすぎるくらいがちょうど良い。大きな目標が革新的なアイデアを生み出す土壌となり、全社一丸となったチーム力で、今まで不可能と思われていたことが可能になるからだ。

Vol.59 Be on fire!

 Mr. Kazuo Inamori (founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) says that anyone who wants to achieve something must be on fire. To be on fire, you need to like what you are doing and at the same time have clear goals.

 This is one of the most important qualities needed as a leader. Even when hiring people, if you select people with these qualities, they will grow into a great force in a short period of time. This is because a person who is positive and easy to sympathize with everything can convey a positive influence on others. There is no doubt that teamwork will improve. The first thing people need to do to lead a team as a leader is to love their job. They can overcome any difficulties if they love their job.

 Second, give each leader responsibility and a mission. A sense of responsibility and a sense of mission develops as each leader has a goal and strives to achieve it. People realize that there is a limit to what they can do on their own, and they are grateful for the need and support of team members. When setting goals, in the case of business, it is important to align the direction of top management and each leader. The target number should be too large rather than too small. This is because big goals become the ground for generating innovative ideas, and the team power of the entire company makes it possible to do things that were previously thought impossible.

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。