稲盛和夫の京セラフィロソフィ 「率先垂範する/ Take the lead」

率先垂範する

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、「仕事をする上で、部下やまわりの人々の協力を得るためには、人の嫌がるような仕事も真っ先に取り組んでいく姿勢が必要です。行動が伴わなければ人の心をとらえることはできません。自分が他の人にしてほしいと思うことを、自ら真っ先に行動で示すことによって、まわりの人々もついてくるのです。」と、説いておられる。

 経営者は従業員の前では、つけこむ隙を与えてはならない。トップ自ら日々、一生懸命積極的に仕事に取り組むことで従業員への手本を示すのがベストな方法だ。従業員からの信頼獲得には時間がかかるという前提で、黒子に徹し、継続的に取り組むことが必要だ。

 ビジネスオーナーとして、私自身がこの教えを実践してきた結果、わかったことが2つある。1つは、あなたが朝から晩まで一生懸命仕事をする姿を普段、周囲に見せていれば、あなたが出張や仕事の都合で持ち場を離れることがあっても、従業員はあなたがサボっているとは思わないことである。

 次に、あなたが、従業員の嫌がるような仕事をみんなのために積極的にやってきた場合、あなたがどうしてもその仕事を都合のためできず、誰かに代わってもらわなければならない場合に、頼まれた部下もイヤとは言えないことである。加えて、その部下は、あなたの普段のサポートに改めて気づき、信頼度が高まるという効果も期待できる。ただ、自分が率先垂範したとしても、それを全ての部下が見習ってくれるとは限らない。また、上記2点を実行できていなければ、あなたの従業員への求心力は無いに等しいと言っても過言ではない。この点を考慮に入れ、日々の行動を振り返ってもらいたい。

Vol.63 Take the lead

 Mr. Kazuo Inamori (founder of Kyocera and KDDI, honorary chairman of JAL) said, “In order to get the cooperation of your subordinates or the people around you, you need to proactively work on the jobs that they aren’t willing to do. You can’t capture people’s hearts without action. By taking the first action to show what you want others to do, the people around you will follow you”.

 Management must always act as a good example for its employees, so it is very important to show them you work hard every day. Assuming that it will take time to gain the trust of employees, it is necessary to take the initiative and continue to work on your mission.

 As a business owner, I have learned two things as a result of practicing this teaching myself. One is that if your employees see you work hard all day, even when you leave your workplace due to business trips or other work, employees will assume that you work hard anywhere as usual.

 Next, let’s say you have been actively doing the job that your employees hesitate to do. Imagine you have to ask someone to do the job instead of you in case that you have something else to do. The person who is asked to do the job will be willing to help you. In addition, the person will be aware of your usual support and likely to increase the trust in you.

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。