稲盛和夫の京セラフィロソフィ 「渦の中心になれ/ Become the center of the vortex」

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、社内では必ず自分から積極的に仕事を求めて周囲にいる人々に働きかけ、周囲にいる人々が自然に協力してくれるような状態にしていかなければなりません。これが「渦の中心で仕事をする」ということです、と述べておられる。

 自分が積極的に仕事をすることで、周囲の協力を引き出せるチャンスが高まるということだ。この仕組みがなぜ働くかと言うと、経営者は人的資源を含む社内リソースを最大限、有効活用してパフォーマンスを上げようとするからだ。社内に仕事ができる人材がいれば、その者により大きな責任を与え、仕事を任せることで会社の業績を伸ばしたいと経営者は考える。経営者や上司が仕事のできる人材を昇進させたりプロジェクトを任せたりするのにはこういう背景があるからだが、どのポジションにいる方も、この経営者の視点を頭に入れて仕事に取り組んでみると視野が広がる。全うな経営者や上司なら、好き嫌いで人を選んだりしないので、誰にでもチャンスはあると考えよう。

 ところが、従業員の立場で考えた場合、経営者や上司がチャンスを与えたいときに、その従業員側の準備が整っていない、もしくは、チャンスがなかなか回ってこないというタイミングの問題がある。実際、従業員の立場で、タイミングをコントロールするのは難しいので、いつ振られても対応できるよう常に準備を怠らないことである。チャンスをつかむためには、まずは日々の仕事に全力で取り組み、良い成果をあげることを目指すのだ。良い成果を上げ続けることで、上司や経営者にその能力を認めてもらえる。働きまくってセルフブラック化しちゃおう!きっと成果も上がり、仕事がもっと楽しくなるので、ゲーム感覚でぜひ試してもらいたい。

Become the center of the vortex

 According to Mr. Kazuo Inamori (founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL), be sure to actively seek work from yourself and work hard with the people around you so that the people around you will cooperate for you naturally. This is “working in the center of the vortex.”

 By working actively, you have a better chance of getting the cooperation of those around you. The reason why this mechanism works is that the management tries to improve the overall performance by making the best use of internal resources including human resources. If there are talented people in the company, the management wants to improve the performance of the company by giving them greater responsibility. This is the reason why managers and bosses promote talented people and entrust them with more projects. No matter what position you are in, you can broaden your horizons with this management perspective in mind. Decent managers or bosses don’t choose people because of their preference, so think positively that everyone has a chance and act accordingly!

 However, from the standpoint of an employee, when the manager or boss wants to give an opportunity, there is a problem of timing that the employee is not ready, or the opportunity does not come around easily. In fact, it is difficult to control the timing by employees, so always be prepared to respond whenever it is available. In order to get an opportunity, first of all, you must do your best in your daily work and aim to achieve good results. By accomplishing good results continuously, your boss and management will notice your capability eventually. Let’s work hard and become workaholic! I’m sure you will be successful, and your work will be more enjoyable, so please try it as if you were playing a game!

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。