【稲盛和夫流考え方】知識より体得を重視する

知識より体得を重視する

  「知っている」ということと「できる」ということはまったく別です。本の上での知識や理屈と実際に起こる現象とは違うのです。経験に裏打ちされた、つまり体得したことによってしか本物を得ることはできません。

これは文字通り、理解したつもりでも、実際にやってみるとできないことが多いということだ。知識と実践には大きなギャップがあるということだが、両方が大切であることは孔子の時代から説かれている。今の時代は日進月歩でテクノロジーが進化し、我々は学ぶことがどんどん増えている。仕事でも専門化が進み、例えば、隣の人がやっていることを日々見ていて、簡単そうだと思っていても、実際にやってみると難しいと感じた経験を持つ人は多いだろう。更に、職場では仕事の経験を多く積んだ人がリーダーになっていくケースが普通だが、人のマネジメントも全く新しくて難しい仕事の一つなのである。それまでの仕事と違い、一筋縄ではいかないのだ。この知識と実践の違いは、仕事だけではなくプライベートにも当てはまる。

つまり、何においても実際の経験の方が知識よりも重要だということだ。ただ、知識を軽視していいということとは違う。知識として学んだことをもとに、実践していくことが何よりも重要なのだ。知識を軽視して行動に重きを置くと効率的ではなくなるからだ。昔からある教えに従い、知識と経験の双方をバランス良く積み重ねていくのが理想的だ。

 

Emphasis on experience over knowledge

Kazuo Inamori (founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) stated in his book “Kyocera Philosophy” as follows:

  “You know it.” and “You can do it.” are completely different things. The knowledge and reasoning in the book are different from the phenomenon that actually occurs. You can only get the real understanding by being backed by experience, that is, actual learning.

This literally means that even if you think you understand it, there are many things you can’t do when you actually try it. There is a big gap between knowledge and practice, but it has been said since the days of Confucius that both are important. In this era, technology is evolving day by day, and we are learning more and more. Specialization is progressing at work everywhere, for example, there are many people who see what their neighbors are doing an easy job, but when they actually try it, they find it difficult. Furthermore, in the workplace, it is normal for people with a lot of work experience to become leaders, but managing people is also a completely new and difficult task. Unlike ordinary jobs, it’s not straightforward when it comes to managing people. This difference between knowledge and practice applies not only to work but also to private life.

In other words, actual experience is more important than knowledge in everything. However, it is different from disregarding knowledge. It is most important to put into practice based on what you have learned as knowledge. This is because it is not efficient if knowledge is disregarded and action is emphasized. Ideally, you should follow old teachings and accumulate both knowledge and experience in a well-balanced manner.

 

 

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。