稲盛和夫の京セラフィロソフィ  Vol.33 ダブルチェックの原則を貫く/ Follow the principle of double check

稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、人はつい出来心で、不正を行うことがあるかもしれない。特に金銭関係や物品の管理においては、ダブルチェックを徹底し、ミスや不正を未然に防ぐ体制を作ることが大切だ。これにより人に罪を作らせないようにすることができる、と説いておられる。(出典:京セラフィロソフィ)

私はレストラン経営者として、これまでずっと性善説で従業員と向き合ってきた。しかし、現金売上の勘定が一致しないということが、毎週のように起きていた。複数の人間が現金を扱い、レジ係の交代時も現金勘定を合わせるヒマがなく、結局、不一致の原因はわからないことが多かった。午前と午後で違う従業員がレジを担当し、その担当者がトイレや休憩に行く時には、さらに他の従業員がレジをカバーしてきた。現金の取り扱いを止めることも検討したが、お客様に不便をかけるのは本意ではないので見送ってきた。

午前担当のレジ係がシフトを終える際に、その者に現金を勘定させてみたが、時間がかかる上、勘定間違いも起こるので効率が悪かった。ダブルチェックをしようと、レジを務めた者以外の者に、一人で現金勘定をさせると、その者が不正を働いてしまうリスクがあり得るので、機能しない。監視カメラはつけているものの、私自身が録画データを見返したことが一度もないので、抑止力になるかは微妙である。ダブルチェックのためには、やはり二人で現金勘定をさせるべきなのだが、多忙な時には機能しない。

結局、長く働いてくれていて、信頼できるマネージャーに現金の取り扱いを任せることとし、時々勘定が合わないこともあったが、それは会社のミスとして、雑損として処理してきた。1ヶ月を平均してみると1日当たりの不一致金額は$10.00未満であった。$10.00未満の雑損で我慢した方が、毎日それ以上のコストをかけて、二人で勘定に取り組むよりも、経済合理性が高いと判断したのだ。私のやり方には議論の余地があるだろうが、米国で日常的に現金を取り扱う現場の例として、参考にしてもらえればと思う。

ご感想、ご質問、リクエストなどはこのメールへの返信でお願いします。このメルマガが気に入ったという方は、お知り合いに転送して頂ければ嬉しいです。バックナンバーにつきましては、よかったら、NICKのBLOGをご参照下さい。よろしくお願いします!ニック大野

Vol.33 Follow the principle of double check

Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) is saying that people may turn dishonest and cheat without intention. Especially when handling money and managing valuable goods, it is important to double check thoroughly and establish a system to prevent mistakes and fraud. This can prevent people from making sin. (Source: Kyocera Philosophy)

As a restaurant owner, I’ve always worked with employees in good faith. However, it was happening almost every week that the cash sales accounts did not match. The reason was unclear because multiple people dealt with cash, and even when a cashier changed, there was no time to count cash in the middle of the day. Different employees were in charge of the cash register in the morning and afternoon, and when that person went to the bathroom or break, another employee covered the cash register. I considered stopping the handling of cash to avoid troubles, but I decided to put it off to keep our customer service level.

After all, I decided to let a reliable manager, who worked for a long time, handle the cash, and sometimes the bills did not fit, but I treated it as a mistake of the company as a miscellaneous expense. On average, the amount of discrepancy per day was less than $10.00. I thought less than $10.00 was more economically than spending more equivalent time on counting money with two people. My method is debatable, but I’d like you to refer to it as an example of daily cash handling in the United States.

At the end of the shift, the cashier in charge of the morning tried to let the person count the cash, but it was inefficient because it took time and mistakes were made in the counting. If a person other than the cashier is asked to do the cash check by himself or herself in order to make a double check, it may not work because there is a risk that that person may commit fraud. Although I have a surveillance camera, I have never looked back at the recorded data, so it would be delicate whether it would be a deterrent. For double-checking, you should also have two people do the cash accounting, but it doesn’t work when you’re busy.

If you have any feedbacks, questions, or requests, please reply to this email. If you like this newsletter, I would appreciate it if you could forward it to your acquaintances. For back numbers, please refer to NICKのBLOG. Thank you! Nick Ono


京セラフィロソフィ【電子書籍】[ 稲盛和夫 ]


京セラフィロソフィ

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。