稲盛和夫の京セラフィロソフィ  Vol.32 一対一の対応の原則を貫く/ The one-to-one correspondence principle

Vol.32 一対一の対応の原則を貫く

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、会計について詳しく、様々なアドバイスをされている。この一対一の対応の原則というのは、そのうちの一つで、ものとお金を一つ一つ対応させて処理することである。(出典:京セラフィロソフィ)

この原則は、一見、当たり前のように聞こえるが、忙しすぎて丼勘定となってしまうときはないだろうか?また、発生した収益や費用とその期間はきちんと対応しているだろうか?私自身も反省していることだが、月に1度の請求書を、まとめて2ヶ月分処理してしまうことがある。当方の経理作業がたまった時や、請求元の請求日がずれたりすることが主な原因だが、私のただの言い訳である。2ヶ月分の処理を同月に行うと、どんな不都合があるかというと、継続性が損なわれ、過去の実績との比較がしづらくなるからである。

補足だが、2ヶ月分の経費処理を同月に行うと、その月だけ、その項目に関しての費用が倍、計上され、その分利益が減って見える。一方、その費用を計上しなかった月には、その分利益が増えて見える。実際の売上は一定であったとしても、経費処理の仕方が違えば、大きなデコボコが出来てしまい、業績のトレンドを把握することが困難になってしまう。これでは、月次決算書を作っている意味がなくなってしまうわけで、私としては非常に反省している。毎月、業務の改善をしていくためには、業績のトレンドをしっかりと把握することが必要である。そのためには、一対一対応の原則をしっかりと守らねばならない。

ご感想、ご質問、リクエストなどはこのメールへの返信でお願いします。このメルマガが気に入ったという方は、お知り合いに転送して頂ければ嬉しいです。バックナンバーにつきましては、よかったら、NICKのBLOGをご参照下さい。よろしくお願いします!ニック大野

Vol.32 The one-to-one correspondence principle

  Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) gives us important advice on accounting based on his insight on accounting. The principle of this one-to-one correspondence is one of them, things and money must be matched one by one. (Source: Kyocera Philosophy)

This principle sounds obvious at first glance, but aren’t you too busy to stick to the principle? Also, are revenues and expenses, and their periods properly matched? As I myself regret, I had processed the invoices, which usually come once a month, for two months in the same month. This is just an excuse for me, but mainly because my accounting work is overdue, or the billing date is off. When processing for two months in one month, what is inconvenient is that continuity is impaired, and comparison with past results becomes difficult.

For example, if processing two-months of expenses in one month, the cost for the item will be doubled and recorded for that month, and the profit will appear to decrease accordingly. On the other hand, in the month when the cost is not recorded, the profit appears to increase accordingly. Even if actual sales are constant, if expenses are handled differently, a big bump will be created, and it will be difficult to grasp trends in business results. In this sense, it’s meaningless to make monthly financial statements. In order to improve the business every month, it is necessary to firmly grasp the trend of business results. To do so, we must firmly adhere to the one-to-one correspondence principle.

If you have any feedbacks, questions, or requests, please reply to this email. If you like this newsletter, I would appreciate it if you could forward it to your acquaintances. For back numbers, please refer to NICKのBLOG. Thank you! Nick Ono


京セラフィロソフィ


京セラフィロソフィ [ 稲盛和夫 ]

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。