稲盛和夫の京セラフィロソフィ  Vol.31 製品の語りかける声に耳を傾ける/ Listen to the voice of the product

Vol.31 製品の語りかける声に耳を傾ける

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、問題が発生した時は、その対象となるものや事象を真剣に、謙虚に観察し続けることですと、説いておられる。(出典:京セラフィロソフィ)

 私は、レストラン経営者として、多くのお客様、従業員と接してきたが、仕事で一番重要なことは、真心のこもったサービスではないかと考えている。私が考える真心のこもったサービスとは、どんなお客様にも、最高のクオリティの商品を提供することである。社長として自分ができることは、物理的に限られているので、自分と同じ熱意を持った従業員を、育てられるかどうかがカギである。従業員には個人差が当然あるので、経営者が何を重視するかをシェアし、それを踏まえてトレーニングをすることが大切だ。従業員が同じ方向性を向いてくれるかどうかが重要で、従業員の経営者に対する共感力、経営者の従業員への忍耐力の両方が求められる。

 例えば、商品を提供する際には、決められたポーション、決められた盛り付け方、一定のスピード、フレンドリーなサービスを私は全従業員に心がけてもらいたいと考えている。なぜなら、どれか1つが不十分であっても、最高のクオリティの商品にはならないからだ。似たような商品は作れても、一つ一つ真心を込めて作った商品は出来栄えが違うのですぐわかる。見栄えがイマイチな商品は、急ぎ過ぎたか、お客様への感謝の気持ちが十分でないかなど、必ず何らかの原因があるはずだ。それが私なりの、「製品の語りかける声」の解釈に通ずると考えている。経営者ならお客様に最高レベルの均一なサービスを提供し続けたいと望むのは当たり前だろう。そのためにも、日々、快適な仕事環境の提供、従業員への感謝と相互理解のためのコミュニケーションを欠かしてはならないと考えている。

 ご感想、ご質問、リクエストなどはこのメールへの返信でお願いします。このメルマガが気に入ったという方は、お知り合いに転送して頂ければ嬉しいです。バックナンバーにつきましては、よかったら、NICKのBLOGをご参照下さい。よろしくお願いします!ニック大野

Vol.31 Listen to the voice of the product

  Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) explains that when a problem occurs, we must continue to seriously and humbly observe what is happening. (Source: Kyocera Philosophy)

  As a restaurant owner, I have interacted with many customers and employees, but I think that the most important thing in my work is sincere service. My sincere service is to provide the highest quality products to any customer. As the president, what I can do is physically limited, so the key is to educate my employees well. My goal is that they have the same enthusiasm as myself. People naturally have individual differences, so it is important to share what the business owner emphasizes and train their employees accordingly. It’s important to have the employees be in the same direction as the business owner. Both employees’ empathy for the owner and patience for their employees are required.

  For example, when offering a product, each restaurant business is required to keep a certain potion, a certain arrangement, a certain speed, and a friendly service. The reason is that even if one of them is insufficient, it will not be the highest quality service. Even if someone can make similar products, their customer will immediately notice the difference between the products made with all sincerity or not. A product that doesn’t look so good should have some reasons not to have become perfect, whether it was too urgent to be made or not enough thankful feeling was put into while it was being made etc. I think this leads to my interpretation of the phrase of “Listen to the voice of the product”. It is natural that you, as a business owner, want to continue to provide your customers with the highest level of service. To that end, I believe that you need to create a comfortable working environment for your employees first, appreciate their support and communicate with them for mutual understanding every day.

  If you have any feedbacks, questions, or requests, please reply to this email. If you like this newsletter, I would appreciate it if you could forward it to your acquaintances. For back numbers, please refer to NICKのBLOG. Thank you! Nick Ono


京セラフィロソフィ


京セラフィロソフィ【電子書籍】[ 稲盛和夫 ]

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。