稲盛和夫の京セラフィロソフィ  Vol.38 お客様第一主義を貫く/

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、お客様第一主義を貫くについて、以下のように述べておられます。お客様に喜んでもらえるような価値を持った製品を次々と生み出していくことが大切です。お客様のニーズに対して、今までの概念をくつがえして、徹底的にチャレンジしていくという姿勢が要求されます。(出典:京セラフィロソフィ)

 私も全く同感だ。業種は違っても共通する大切な考え方である。お客様第一主義と聞くとお客様にへりくだるというイメージを持つ方がいるかもしれないが、稲盛氏の言うお客様第一主義とは、お客様に喜んでもらうために徹底的にビジネス努力を続けることである。商いを続けていくために、お客様より進んだ技術で、納期、品質、価格、新製品開発等のすべてにわたって満足を得ると、説かれている点では、お客様と共に成長していくというイメージと重なる。お客様のために努力しつつ、業績を伸ばしていくというのはビジネスの王道であろう。お客様からの値下げ要求についても、コスト削減を始めとしたあらゆる手段でチャレンジし、製品の競争力を高めてきたという稲盛氏の姿勢から学ぶことは大きい。

 私が経営してきた飲食店でも、毎年のようにコストアップがあるので、それを従来の商品では、コスト削減で吸収しつつ、かつ、より付加価値の高い新しい商品を投入することで対応してきた。我々の店舗のスペースが限られていることと、サービスのスピードを落とさないようにするため、対応には柔軟性と想像力が必要だった。他店との競合が激しい中で、私なりのお客様第一主義を貫いたことが、お客様から長く支持されてきた要因と考える。

 ご感想、ご質問、リクエストなどはこのメールへの返信でお願いします。このメルマガが気に入ったという方は、お知り合いに転送して頂ければ嬉しいです。バックナンバーにつきましては、よかったら、NICKの書評BLOGをご参照下さい。よろしくお願いします!ニック大野

Vol.38 Keep the customer first

  Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) stated the followings regarding customer-first principle. It is important to create new products one after another with value that will please customers. An attitude is required to completely meet the needs of customers by overriding the conventional concepts. (Source: Kyocera Philosophy)

  I agree exactly. This is an important idea that is common to all industries. You may think that you have to be more respectful to customers when you hear that customer-first principle, but Mr. Inamori’s customer-first principle is to make customers happy. It is true that not only advanced technology, but also delivery time, quality, price, new product development etc matter to the customers in order to continue business. This fact overlaps with the image of growing with customers. It is the best way of business to work hard for the customers and grow the business results. Even with requests from customers for price reductions, we can learn from Mr. Inamori’s stance that he has taken on all sorts of measures, including cost reductions, to enhance product competitiveness.

  Even at the restaurant I run, the costs increase every year, so I have basically absorbed them by cutting costs. Furthermore, in order to increase customer satisfaction, we have regularly been introducing new products with higher added value. Our restaurant space is very limited so that we needed more flexibility and imagination not to slow down the speed of service. We believe that our customer-first principle has long been supported by our customers regardless of intense competition with other restaurants.

  If you have any feedbacks, questions, or requests, please reply to this email. If you like this newsletter, I would appreciate it if you could forward it to your acquaintances. For back numbers, please refer to NICK’s BLOG. Thank you! Nick Ono

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。