稲盛和夫の京セラフィロソフィ     全員参加で経営する

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、全従業員が経営を考え、それに参画し、自分の意見を言うことを通じて、経営への全員参加が実現することが、経営の真髄であると述べておられる。

私も、この経営への全員参加がビジネスの理想の姿であると考える。全員を経営に参加させる手段として、稲盛氏は有名な「アメーバ経営」という経営手法を考え出されたが、それが軌道に乗った時の効果が抜群であることは、京セラの素晴らしい業績を見れば想像に難くない。私は「アメーバ経営」とまでは呼べないが、それに出来るだけ近い形での全従業員の経営への参画を目指してきた。私は、ビジネスオーナーとしては、従業員の力をどうしても借りたいし、従業員としても、経営への参加を通じて一人一人の自己実現が図れ、貢献に応じて賃金やボーナスに反映すれば、やりがいが増すだろうと考えた。私は機会のある度に従業員に「頼りにしている」という気持ちを言葉と態度で表すようにしてきた。こうして全員参加の経営が実現すれば、お互いWin-Winの関係となれるからだ。

「全員参加」というのは、考えるベースを同じにすることで、経営者側は労働者の苦労をよく理解し、労働者側も経営者の苦労をよく理解することが大切だと、稲盛氏は述べておられる。私としても、全く同感である。なぜなら、ビジネスオーナーと従業員は運命共同体であり、双方の意識のレベルが高いところで一致している企業ほど強い企業はないと考えるからだ。

Vol.42 Management with all participants

  Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) says that all employees should think about management, practice it, and say their opinions, so that everyone can participate in management. This is the essence of real management.

I also think that everyone’s participation in management is the ideal for any business. Mr. Inamori was conceived of a famous management method called “Amoeba management” as a means to get everyone involved in the management. In fact, Kyocera led by Mr. Inamori has been showing its remarkable business performance for a long time. It’s not hard to imagine how effectively the “Amoeba management” has been working at Kyocera. Although I cannot call my method the “amoeba management”, I have been aiming to manage my business with all employees in a way as close as possible. For a business owner, they absolutely want to use the power of their employees while for an employee, it is worthwhile if they can achieve self-fulfillment by participating in management and see their contribution reflected in their wage and bonus. Every time I get an opportunity, I’ve tried to express my feelings of “trust” etc to my employees with words and attitudes. This is because my goal is to establish a win-win relationship which can last long.

According to Mr. Inamori, “participation by everyone” means that the management side understands the hardships of the workers, and the worker side also understands the hardships of the managers, by keeping the same mindset. I feel the same. This is because business owners and employees are a fateful community, and I think no organization is as strong as a company that agrees on a high level of awareness of both parties.

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。