稲盛和夫の京セラフィロソフィ 「常に明るく」

 稲盛和夫氏(京セラとKDDIの創業者、JALの名誉会長)は、人生はすばらしく、希望に満ちています。自分の未来に希望をいだいて明るく積極的に行動していくことが、仕事や人生をより良くするための第一条件なのです、と述べておられる。

 これは多くの人を勇気づける教えであろうと思うが、あなたにとってはどうであろうか?自分は少し悲観的、もしくは、真面目すぎるかな?と思う人は今日から心の持ち方、物の見方や考え方を変えてみることをお勧めする。私の好きな言葉に「人生、死ぬこと以外かすり傷」というのがある。これは幻冬社の箕輪康介氏の言葉だが、「生きていればなんとかなる」と私なりに解釈している。これに当てはまる私の最近の体験を紹介したい。私はサンフランシスコ近くで、出場予定のトライアスロンレースのため自転車の練習をしていた。ところが、急に停車中の車のドアが開き、そのドアに接触した私は宙を飛んで頭から着地してしまい全身打撲で半年間の治療を受けることとなった。残念ながら予定していたレースは棄権することとなり、痛みのため最初の数週間はベッドから起き上がるのもやっとで、ほとんど仕事が出来なかった。

 ここで私は、運が悪ければ重態か死んでしまうところだったのに、ちゃんとヘルメットをつけていて命拾いをしたこと、高校時代に習った柔道のおかげで受け身が取れたので、骨折をしなかったこと、従業員の頑張りのおかげでビジネスを休むことなく継続できたことなど、出来るだけポジティブな要素に目を向けるように心がけた。なんとか逆境を乗り越えることができた私は、以前より生きていることに感謝している。大事故にあい、多くの人に心配と迷惑をかけたので、この不注意な運転手に腹を立てたいところだが、何の役にも立たないことはわかっているので、そんな無駄なことだけはしないようにしている。

 もともと真面目な性格の私ではあるが、実は人前では努めて明るく振る舞うようにしている。明るく振る舞うように努力をしていると、考え方まで楽観的な部分が増えてくるような気がしている。楽観的な部分が増えると不安をある程度抑え込めるようになり、何か新しいことにもチャレンジしやすくなり、その結果、経験の幅が広がり、結果も出るという循環となっている。自分の人生はきっとすばらしい幸運に恵まれるはずだと常に信じ、努力を重ねていけば、誰にとっても素晴らしい未来が待っているのだ。

Vol.53 Always cheerful

 Mr. Kazuo Inamori (Founder of Kyocera and KDDI, Honorary Chairman of JAL) says that everyone is supposed to have a wonderful and hopeful life. The prerequisite to improve the results of your work and life is to act cheerfully and proactively with hope for one’s bright future.

 I think this is an encouraging teaching for many, but what about to you? Are you a little pessimistic or serious? You can change the way of thinking from today if you want. One of my favorite words is “Regarding life, everything is just a scratch other than death”. This is the words of Mr. Kosuke Minowa of Gentosha. I interpret it as ” You may encounter lots of difficulties through your life, but everything is minor as long as you are alive.” I would like to introduce my recent experience that applies to this. I was practicing a bike for a triathlon race near San Francisco. However, the door of a parked car suddenly opened, and when I collided into the door, I flew into the air and landed on my head. I was treated for half a year with full body bruise. Unfortunately, I needed to cancel the scheduled race, and because of the pain, I could barely get up from the bed for the first few weeks and could hardly do my job accordingly.

 If I were unlucky, I would have been dead or in a critical condition. However, my helmet saved my life. In addition, I didn’t have fractures because I protected myself instantly like a judo player does. In fact, I practiced judo when I was a high school student. Also, my restaurant kept open without me thanks to my employees’ hard work. I tried to see these positive points as much as I could. I managed to overcome adversity, and I’m thankful for being alive.

 I wanted to blame this careless driver in the beginning, but I realized that doing such a thing wouldn’t help me at all.

 Originally, I have a serious personality, but in fact, I try to behave cheerfully in public. When I behave cheerfully, I feel that the way of thinking becomes optimistic. In this way, my pessimism can be suppressed to a smaller portion, making me easier to try something new, resulting in a wider range of experiences and results. Always believing that your life will be full of a great fortune, and with all your efforts, everyone can bring in a great future.

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。