Vol.14 夢を描く/ Have a dream

稲盛氏は大きな夢や高い目標を持つことは大切で、その夢を追いかけることで夢が現実になると説いている。私なりの解釈だが、夢というのを自分の取り組みたいことと置き換えて考えている。その夢を追いかけることで、人はやり甲斐を感じられるであろうし、結果がどうであったとしても、充実感を味わえるだろう。結果は後からついてくるものだと私は考えており、あえて結果そのものを求めすぎる必要はないだろう。むしろ、高い目標に挑戦する過程で得られることが多いはずだ。挑戦を通じて新しい発見をしたり、次への展望が開けて来ることもあるだろうし、自分の能力が高まったり、人格が磨かれたりなどの効果も期待できる。

Mr. Inamori states that it is important to have big dreams and high goals, and that pursuing those dreams will make them a reality. This is my idea, but I define dreams by what people want to work on. By following that dream, people will find it worthwhile, and no matter what the result may be, they will be fulfilled. I think the results will come after their effort anyway. In addition, many positive things are likely to be gained in the process of challenging high goals. It may be possible to make new discoveries and open up new perspectives through challenges, and it can be expected to have the effect of enhancing one’s ability and improving one’s personality.

これは、ビジネスにもそのまま当てはめることができる。高い経営目標に向かって従業員と一致団結して努力を続けて行けば、きっと成果が出せるだろう。ただ、自分が社長や部門のトップであれば自分より大きな夢を描いたり、大きな目標を立てたりする部下はまれだということは覚えておこう。自分が立てた目標に自ら率先して取り組んでいくことで、部下を巻き込んで行こう。自分が大いに夢を語ることで、部下にとって励みとなるだろうし、社内の雰囲気も更に良くなることが期待できる。夢を描いたり、人に語ったりすることもリーダーとしての資質の一つではないだろうか?大いに夢を描こう!Have a nice day!

This can be exactly applied to business. If you work closely with your employees toward high management goals, you will surely achieve results. However, keep in mind that if you are the president or the head of a department, it is rare for subordinates to dream bigger than yours or set bigger goals than yours. Let’s involve subordinates by taking the initiative in tackling the goals that you have set. Every time you talk about your dreams, your subordinates will be encouraged by you, and you can expect that the atmosphere inside the company will improve. I think drawing a dream and talking about the dream to people is one of the qualities of a leader. Let’s be ambitious! Have a nice day!

ご感想、ご質問、リクエストなどはこのメールへの返信でお願いします。このメルマガが気に入ったという方は、お知り合いに転送して頂ければ嬉しいです。登録の追加や削除のご希望があれば、私までメルアドをお知らせ下さい。バックナンバーにつきましては、よかったら、nicknoblog.comをご参照下さい。よろしくお願いします!ニック大野

If you have any feedbacks, questions, or requests, please reply to this email. If you like this newsletter, I would appreciate it if you could forward it to your acquaintances. If you would like me to add or remove registration, please let me know your email address. For back numbers, please refer to nicknoblog.com. Thank you! Nick Ono

close

この記事を書いた人

ニック

 大手証券会社の東京オフィス→香港→パリ→サンフランシスコオフィスで法人営業→サンフランシスコで脱サラし、開業した飲食店が繁盛店に→コロナショックで日本に撤退→Web制作とデザインの勉強を始める。→飲食店向けに特化したサブスク型のホームページ制作サービスを立ち上げ。